精密機械や美術品の輸送・梱包・保管は武蔵通商

超高額品取扱いのエキスパート、超精密機械や美術品の全国輸送・梱包・保管は武蔵通商株式会社
グリーン経営認証
グリーン経営認証
安全性優良事業所認定
安全性優良事業所認定
貨物輸送評価制度
貨物輸送評価制度
お気軽にお問い合わせ下さい / 平日8:00〜19:00

ブログ

2017.5.19

【精密機械の搬入作業】 №1

こんにちは、山形営業所の保坂です。

今回は、精密機械の搬入作業です。

建物2階への搬入との事で、下見に向かいました。

現場に到着し、建物正面の出入り口の上部(2階部分)の壁に、

いかにも「ここから機械を入れて下さい」的な扉を確認。(^^;

この時点で、クレーン作業確定かと思いましたが、

他に安易に搬入出来る経路がないかと模索します。

「1階への搬入」ならば、建物出入り口や通路の広さを測り、

機械の寸法と照らし合わせて判断して行くのですが、

「2階への搬入」となると、真っ先に寸法を確認する場所がエレベーターです。

間口の寸法を確認するのも大事ですが、以外にも「制限重量」で使用出来なかった場合も多々あります。

エレベーターを見た瞬間、「だから、あの扉(出入り口上部)なんだぁ。」と悟りました。(笑)

建物自体の構造が、この扉から機械を入れるように設計してあるようで、

扉から先の搬入経路には、まったく問題の無い状況でした。

後日、ラフタークレーンとゴンドラ(クレーンで吊り上げられる「ステージ」の様な物)を使い、

無事機械を搬入する事が出来ました。

 

精密機械や医療機器、重量物の梱包輸送等でお困りの際は、
こちらまでお問い合わせください。

 

精密機械・重量物の、輸送・梱包・搬入・据え付け業務でお困りの際は、
こちらまでお問合せ下さい。

 

カテゴリー:山形営業所
TOP